深海魚料理を味わっちゃおう!

戸田で味わえるおいしい深海魚たち

タカアシガニ

最大級のオスが足を広げると3.8m・約20kg にもなる、世界最大の甲殻類です。水深200m〜800mほどの深海底に住む、深海の聖地・戸田のシンボルです。

メギス(沖ギス)

海洋深層水育ちで、海のミネラルたっぷり含んだ深海魚。姿が一見キスに似ていて正式名も「ニギス」ですが、戸田地方では昔から「メギス」と呼んでいます。くせのない味と適度な脂が魅力です。

メヒカリ(トロボッチ)

正式名は「アオメエソ」。戸田では「メヒカリ」または「トロボッチ」と呼びます。 しっかりとした身質と脂の乗りで、高級魚のひとつに数えられます。

ゲホウ(トウジン)

深度500m前後に棲む深海魚で、大きさは約50cmほど。頭がとがったその独特の風貌とは裏原の味わいを持ち、刺身や寿司ネタでは極上のネタとの声も高い魚です。

ゴソ(ハシキンメ)

水深150-700mほどに棲息するためスーパーや鮮魚店にはほとんど出回ることのない魚。アラから旨みの濃い出汁がとれるため、煮つけや潮汁などは絶品。もちろん刺身や塩焼き、干物、揚げ物も。

アカムツ(ノドグロ)

口の中が黒いことから「ノドグロ」と呼ばれる魚。上品な白身で淡泊な味わいを持ち、東京などでは、料亭向けの高級魚として取り扱われています。

ユメカサゴ

深海性の赤いカサゴで、高級魚として知られるカサゴの中でも特に高級品として知られます。 もちろん味も抜群で、刺身はもちろん、鍋や焼き魚、から揚げなども好まれています。

アカザエビ(手長エビ)

手が長いことから手長エビとも呼ばれます。その姿の美しさと、濃厚な極上の味わいから、イセエビと並んで、エビ界・随一の高級品とされています。

アブラボウズ

身に脂が多いことからその名がついたとされる白身の高級魚。まったりとした舌ざわりが濃厚な刺身や、コクのある煮つけなどが特に人気です。

デン(オオメハタ)

深海性のため産地以外ではなかなか食べられませんが、上品でクセのない白身をもった美味しい魚。戸田では塩焼きや煮付け、刺身、天ぷらなど多彩な料理が味わえます。

アブラゴソ(ヒウチダイ)

キンメダイの仲間で和名はヒウチダイ。戸田ではアブラゴソと呼ばれます。料理人や魚のプロが「旨い魚の代表格」と口を揃える高級魚で、近年その人気がますます上昇中。

ギンザメ

輝く大きな目と、独特のフォルムが目を引く深海性のサメの仲間。フライなどの揚げ物や焼き物で味わいますが、水揚げされたての新鮮なものは匂いやクセもなく刺身でもok。

代表的な深海魚料理

タカアシガニや戸田とろはんぺんなど、
戸田ご当地の深海魚料理をご紹介。

タカアシガニ料理

深海に生息し、大きさの割に身が少ないことからかつては全国的にもあまり食用として重要視されていませんでしたが、1960年に戸田の旅館の主人が「タカアシガニ料理」を始めてから、戸田の名物としてその名を知られるようになりました。
塩茹でや蒸しガニなどが一般的で、オスよりメスの方が美味しいという噂も…。

戸田とろはんぺん

日本最深を誇る駿河湾に面した戸田では、昔から深海トロール漁がさかんに行われています。そこで獲れる「メギス」や「トロボッチ(メヒカリ)」などを、家庭ですり身にし、はんぺんとして揚げた「戸田とろはんぺん」を、家庭の味として大切に守ってきました。
今この懐かしい味に再び注目が集まり、全国から集まる多くの観光客に「戸田グルメの代表格」として、親しまれています。

深海魚のお造り

毎日たくさんの深海魚が水揚げされる戸田港。漁港直送の新鮮な深海魚ならではの料理法が「お造り」。漁業関係者自信が直営する料理店も多いため、その日揚がった素材を贅沢につかった盛り合わせがオススメ。
他の地方ではまず味わうことのできない、深海魚の素材そのものの味をお楽しみ下さい。

唐揚げ

火を通した料理の中でも、深海魚そのものの味を楽しみたいという方に好評なのが、アッサリカラリと気軽に楽しめる深海魚の唐揚げ!
ふだんあまり見慣れない深海魚の姿を、「ちょっと不気味…」と感じる方もこれなら大丈夫ですね。
ご飯はもちろんおつまみとしても最高のひと品です。

天ぷら

その見た目からは想像しにくいかもしれませんが、実は深海魚には、上質な白身を持つ魚が多いことをご存じでしたか。しかもその美味しさと稀少さがあいまって、東京などでは「めったに手に入らない高級魚」として、高級料亭向けに高額で卸されているものも多いのです。
そんな深海魚の美質を存分に引き出すのが天ぷら。カラリとした衣の歯ざわりと気品ある白身肉の絶妙のバランスを、ぜひ味わってみてください。

煮付け

キンメダイの煮付けの美味しさは、全国のどんな地域の方でもきっと知っていることでしょう。でもキンメダイが深海性の魚だということは、知らない人も多いかもしれません。
戸田で獲れる深海魚には、このキンメダイの仲間を始め、甘辛く煮つけることで味の深みをじっくりと楽しめる魚もたくさん。
日本人なら思わず嬉しくなる、そんなご飯の友を、ご堪能ください。

焼き魚

魚の料理法として、刺身と並ぶのがやっぱり焼き魚。
特に塩焼きは、繊細な味を持つ深海魚にぴったりの調理法です。
ご飯にもお酒にも、戸田の思い出づくりのひとときに、欠かすことのできないメニューです。

深海魚料理が味わえるお店

戸田でしか味わえない、DEEPな美味さがここに!
深海魚料理を味わえるお店をご紹介。

深海魚料理 飲食店

お食事処 かにや

網元・光徳丸直営店だからこその鮮度と安さが、かにやの最大の特長。店内には大量の活きた高足ガニが所狭しと入っている大きないけすがあり、その光景だけでも必見に値する。
高足ガニは他のカニに負けないほどの美味しさを持つカニながら、とても調理が難しいカニ。水揚げされるとすぐに身が溶けてしまう高足ガニを美味しく調理するために、かにやでは長年の試行錯誤を重ねた末、現在の調理方法にたどりつき、年間3万人もの来店者に高足ガニ本来の美味しさを提供している。

動画はこちら

住所 静岡県沼津市戸田戸田354-4
TEL 0558-94-2235(代)
営業時間 10時30分~16時00分
定休日 月曜日・火曜日・不定休
料金 「高足ガニ定食」2人前9,500円(税別)、「高足ガニ釜めし定食(限定品)」3,000円(税別)、「刺身定食」2,200円(税別)ほか

食事処 丸吉(しょくじどころ まるきち)

トロール船から毎日届く高足ガニをはじめ、戸田港で揚がった新鮮な深海魚の料理が味わえる。その日によって水揚げされる魚が変わるので、仕入れやおすすめを聞いてみよう。深海魚の天ぷらが二層構造になった塩天丼「ドン底丼(汁物付)」1,300円(税込)は、深海をイメージしたユニークな一品。深海魚の煮付けもぜひ味わっておきたい。「美味しい思い出といっしょに、知識や体験もお土産として持ち帰ってもらいたい」と店主の中島寿之さん(写真)。時間があるときは深海魚の豆知識などをレクチャーするなどサービス精神満点。店内で高足ガニを持って記念写真を撮ることもできる。

住所 静岡県沼津市戸田566‐2
TEL 0558‐94‐2355
営業時間 平日10時~17時、土・日曜、祝日10時~19時
定休日 金曜
席数 1階12席、2階60席
料金 「高足ガニ定食」2人前9,600円(税別)、「うましの煮魚定食(カワヤッコの煮付け)」1,800円(税別)、「丸吉定食(高足ガニと刺身)」2,000円(税別)ほか

食事処 まるさん

高足ガニのほか、地元で揚がった魚介類を丼物や定食などで提供。高足ガニは蒸し・茹で以外に、焼きガニや刺身にもできる。その日に揚がった新鮮な地魚もおすすめ。野球のボールより少し大きいサイズに丸めた鯵のたたきがメインの「鯵たたき定食」1,728円(税込)は見た目のユニークさもあって観光客に人気。だし茶漬にして食べることができ、二度美味しい大満足メニュ―だ。また、鮮度が命のブダイは手早く丁寧に調理することで、素材をより美味しく提供している。職人の手仕事の妙が味わえる店だ。

住所 静岡県沼津市戸田376‐8
TEL 0558‐94‐4114
営業時間 10時~17時
定休日 木曜
席数 40席
料金 「2人用高足ガニ定食」1パイ17,280円・半分10,800円(税込)、刺身定食1,620円(税込)ほか

魚重食堂(うおしげしょくどう)

創業50余年。定食屋さん感覚で楽しめるリーズナブルな価格の深海魚料理が人気。その日にあがった新鮮な素材を仕入れるため、入荷する魚の種類が日によって異なる。豊富なメニューのほとんどに深海魚が入っていて、なかでも「深海魚刺身定食」1,550円は初めて深海魚を食べる人におすすめの一品だ。深海魚を刺身で食べるには鮮度が命。禁漁期間(5月10日頃~9月10日頃)は刺身で食べられないが、天ぷらや天丼なら1年中味わうことができる。入荷はまれだが、ギンザメやホシザメを使ったメニューが上る時もある。

住所 静岡県沼津市戸田303‐5
TEL 055‐94‐2381
営業時間 火・水・木曜 11時~15時(OS14時30分)
席数 32席
料金 「深海魚刺身定食」1,550円、「深海天丼」1,150円、「うおしげ定食」1,550円ほか

食事処ゆうなぎ

朝獲れの新鮮な魚介類を地元漁師や漁協から直接仕入れ。鮮度の高い素材をリーズナブルな価格で提供するため、時には店主が船に同乗して漁師と共に水揚げを行うこともある。高足ガニを中心に、深海魚や地魚のほか、地元の農産物を積極的に使った料理を提供。人気の「深海魚天丼セット」(1,500円)で使う深海魚は、その日によって変わる。自然との密接なかかわりのなかで育まれた海の幸は、まさに一期一会。その日その時しか味わえない駿河湾の美味を、アットホームな雰囲気の店内で心行くまで堪能したい。

住所 静岡県沼津市戸田312
TEL 0558‐94‐4405
営業時間 11時~20時
定休日 不定休
席数 26席、座敷席は要予約
料金 「高足御前」4,500円、「ゆうなぎ御前(高足ガニ足2本付)」6,750円、「高足ガニ(一皿)」9,000円、ほか

の一食堂(のいちしょくどう)

高足ガニを中心に深海魚や、目の前の駿河湾で獲れた新鮮な魚介類を提供。鮮魚の販売もしているので、素材の仕入れには特に力を入れている。なかでも高足ガニは船から直接仕入れ、自前のいけす(高足ガニ専用の畜養場)に放養している。先代の中島茂司さんはカニ博士と呼ばれ、食堂経営のかたわら高足カニの研究や放流事業などに従事。海とつながった珍しい自然のいけすを考案したことでも知られる。「高足ガニ釜揚げ(一杯2~3人前)」10,000~20,000円などは準備に時間がかかるため、予約してからの来店がおすすめ。そのほか定食や丼物、一品料理などメニューは豊富だ。

住所 静岡県沼津市戸田構漁港前
TEL 0558‐94‐3225
営業時間 10時~17時(OS16時30分)
定休日 火・水曜日ほか不定休あり
席数 1階カウンター10席、2階座敷52席
料金 「高足ガニ定食」5,250円、「の一定食」3,000円、「底引き定食」1,750円(禁漁期間は休み)

さかなや魚清

店内のど真ん中に、60~100匹ほどの活きた高足ガニを入れた大きないけすがあり、触って写真を撮ることもできる。高足ガニは、オーダーを受けてから熟練の職人の手で調理するので、常に新鮮かつ一番美味しい状態で楽しめる。足一本(税込1,620円~変動あり)から注文できるのもうれしい。また、鮮度抜群の素材を使った刺身や焼き物もこの店の自慢。「地もの刺身(上刺身)」税込1,620円~は日によって深海魚が入ることもある。香ばしく焼いた「赤エビの塩焼き」税込1,296円(定食は税込1,620円)は「沼津ブランド」に認定された一品で、観光客からの人気が高い。

住所 静岡県沼津市戸田580
TEL 0558‐94‐2114
営業時間 平日11時~17時、土・日曜・祝日11時~20時
定休日 不定休
席数 1階*席(小上がり席あり)、2階座敷あり
料金 「高足ガニコース」6,480円~25,920円、「高足ガニ定食(かにみそ付)」4,860円、ほか(すべて税込価格)